Sunday, December 15, 2019

Drawing the Female Form Part 2 : PINUP! -女性を女性らしく描く Part 2 ピンナップ!



Pinup art or “good girl art” some say is an art form that started in the early 20th century.  I believe the art of the ‘ideal woman’ has been around as long as humans could draw. It exists in Roman and Greek art, Japanese ukiyo-e and of course today’s modern media. 

ピンナップアート、グッドガールアート(GGA)と呼ばれるアートは、20世紀の初頭に出現したと言われています。私は「理想の女性」を描くことについては、人類が絵を描けるようになったときにすでに始まっていたのではないかと思います。古代ローマ、古代ギリシャの時代にも、日本の浮世絵にも、今日の最先端のメディアにも登場しています。

Everyone enjoys looking at attractive women in art, whether it’s painting, caricature, sculpture or photography. 

絵画、カリカチュア、彫刻、写真。ジャンルを問わず、魅力的な女性を題材にしたアートは多くの人に好まれています。


" Learn how to draw a beautiful woman and you will never be poor." as the old saying goes.  
「美しい女性が描けるようになれば、金には困らない」とはよく言ったものです。

Charles Dana Gibson is credited with the beginnings of ‘good girl art’ in the 20th Century with his Gibson Girls.
20世紀にギブソンガールズを描いたチャールズ・タナ・ギブソンは、GGAの先駆けとされています。



George Petty of Esquire Magazine popularized the centerfold in Esquire Magazine.
ジョージ・ペティーのイラストは、エスクァイアマガジンのセンターフォールドを彩りました。



Gil Elvgren is considered the most popular pinup artist of the middle 20th Century.  
ジル・エルブグレンは、20世紀半ばに、最も人気を博したピンナップアーティストとされています。




So what are the ingredients for good pinup art?  Good pinup should not be salacious nor make people feel uncomfortable. 
良いピンナップアートには何が必要でしょう? 良いピンナップアートは、エロティックであっても、人を不快にさせるものであってもいけません。

Good pinup does need a physically attractive model, but greatly it depends on attitude! 
良いピンナップには魅力的なモデルが必要ですが、何よりも、どんな感情や姿勢かが重要なのです。
Perky 快活さ


Happy 幸せ



Naughty いたずら



Angry 怒り



Childlike あどけなさ



Mischievous いらずらっぽさ



Sexy セクシー



Playful 陽気



Fun 楽しさ



Take all or all of these attitudes and you have much of the ingredients of what we see in most popular pinup art.   You can see examples of this in my suggested artists below:
このような感情や姿勢を盛り込むと、人気のピンナップアートの成分の大半を取り込めます。以下に、このような成分をしっかり盛り込んだアーティストたちの例をご覧ください。
Gil Elvgren

ジル・エルブグレン

















Al Buell
アルフレッド・ビューエル







Adam Hughes
アダム・ヒューズ










Dave Stevens
デイヴ・スティーヴンス







Leroi Neiman
リロイ・ニーマン


















Monday, October 21, 2019

How to Get More Emotion and Feeling Into Your Drawings - ドローイングにもっとたくさんの感情と感覚を盛り込むには




"Why is it when we draw. sometimes the drawings just feel like we are just drawing and nothing is happening?  You fill a sketchbook and you say, 'Okay..I filled a  sketchbook but look, nothing's there.  What's wrong?!  Why isn't there anything happening here??' Part of it is that you are not making judgments when you are looking at something.    When ever you see something you need to be asking yourself questions".   - Glen Keane 


『ドローイングしていて、ただそこには線が引かれただけで、何もないと感じることがあるのはなぜだろうか? スケッチブックをドローイングで埋めたときに「うん。スケッチブックのページは埋めた。でも、そこに何かがあるように思えない。何が間違ったのだろう? そこで何も起きているようには思えない」と思うことがあったら、その理由の一部は対象を見たときに判断をしていないことだ。何かを見たら、自分自身に問いかける必要がある』 -グレン・キーン



So what are those questions we should be asking when we look at something to draw?  Glen Keane at a  CalArts lecture gave an example of drawing at the zoo.  We can draw a monkey at the zoo and then eventually the stereotype depictions of monkeys start creeping into our drawing.  It might have some interest because of the pose of the monkey, but the problem is you are not making judgements about the monkey.  How does the monkey before you make you feel?  

それでは、どんな質問を自分に投げかければ良いのだろうか? カルアーツの講義で、グレン・キーンが出したのは、動物園でのドローイングでした。動物園に行って、サルを描くとしましょう。すると、どこかで見たような「いわゆる」サルがドローイングに忍び込んできます。サルのポーズによることもあるでしょうが、問題は、そのサルについてあなたが判断をしていないことです。サルを見たときに、どう感じましたか?

If you observe his arms as looking wire-like but powerful that is information that should be influencing your drawing.  Actually write "powerful" and "wire-like" on your paper to help keep that image or feeling on your mind as you draw.  

そのサルの腕を見て、「ワイヤのようだけれど力強い」と思ったのなら、そのように描くべきです。実際に「力強い」「ワイヤのよう」とスケッチブックの端にメモをしておくと、その印象や感情を描きやすくなります。

The trick in getting drawings that express something, is to get in touch with what we observe emotionally rather than just what we can see literally.  

何かを表すドローイングを描く秘訣は、目で見たそのままではなく、自分が感情でどう受け止めたかを引き出すべきです。

Actors before they perform, like any other trained athlete do warmups before engaging in their action.   It might help us too to do some warmups.  

役者なら演技の前に、鍛えられたアスリートなら本番の動作の前に、ウォームアップをします。アーティストにもウォームアップは役に立ちます。

Free your mind a little and think on a more emotional state.  Get some ice from your refrigerator and hold it in your hand with your eyes closed.  What does it feel like??  What does COLD feel like?  Sharp?  Unpleasant?  Unwelcoming?   Whatever emotions you feel write that on your paper and then draw it as abstract shapes, rhythms or tones.  


頭を柔軟にして、何らかの感情の状態を思い浮かべます。たとえば、冷蔵庫から氷を取り出して、手に乗せたまま、目を閉じてみましょう。どんな感じがしますか? 「冷たい」とは、どんな感じでしょう? 鋭い? 不快? よそよそしさ? どんな感情でもかまいません。自分なりに感じたことを紙に書き出しましょう。そして、メモした言葉を抽象的な形、リズム、トーンとして描きます。

Okay, so how does this relate to drawing the figure??   

さて、それではこれがどう人物のドローイングに関係するかを説明しましょう。

When you draw the gesture (THE most important part of drawing), emotion is what should be root of what influence your line.  

ジェスチャー(ドローイングの最も重要な部分です)を描くとき、紙の上に引くラインに影響する大元は、感情です。

The pencil is not just an extension of your hand but also your mind and your heart.  As the great martial artist Bruce Lee said, "Don't think!  Feel!"   Use the root of your emotions to guide your hand.  Draw emotion not just information. Use your instinct. 

鉛筆は手の延長であるだけでなく、頭と心の延長でもあります。偉大な武術家ブルース・リーはこう言いました。「考えるな!感じろ!」感情で、手を導くのです。情報ではなく、感情を描くのです。直感に従いましょう。

This may sound  esoteric or even poetic...but this is a mind exercise that is just as important as studying human proportions and anatomy when learning how to draw the figure.  It will be hard at first....especially if you are not accustomed to making judgments, but the more you do it, the more comfortable you will be with it. 

何かの奥義や詩の話でもしているように聞こえるでしょう。しかしこれは、人物の描き方を学ぶ上では、人体のプロポーションやアナトミーを学ぶのと同じくらい重要な、頭の体操です。最初は難しいと思うでしょう。判断をすることに慣れていなければなおさらです。経験を重ねると、さほど難しくはなくなります。


Below are my suggested artists to study: 

以下に、お手本となるアーティストを何人か:



Heinrich Kley :  
Note the feeling of SICKNESS in this poor dragon.  Have you ever felt this way before?    Remember that feeling.  Try drawing it.  


ハインリッヒ・クレイ
このかわいそうなドラゴンは「具合が悪そう」です。こんな風になったことはありませんか? その感情を思い出したら、描いてみましょう。



Or perhaps you remember the feeling of PULLING something HEAVY.  Draw it! 

あるいは、「重たい」ものを「引っ張った」ときの感情は覚えていませんか? 描いてみましょう。


Remember that feeling of being SURPRISED??  Draw it!

驚いた時の感情は? 描いてみましょう。




John Buscema:  
I hope you haven't been in a fight, but if you are human you must have felt the feeling of ANGER and the wish to STRIKE physically.  Don't shy away from that feeling.  Use it.  Draw it. 

ジョン・ビュッセマ 
そうそう喧嘩はしないでしょうが、人間なら「怒り」の感情はご存知でしょう。実際に「殴りつけたい」と思ったこともあるはずです。そのような感情を抑え込まないでください。利用しましょう。描いてみましょう。





Not many of use have muscular proportions like a superhero, but you can feel the WEIGHT and POWER in this figure's back.

スーパーヒーロー並みに、筋肉隆々の体つきの人はそういません。しかし、この人物の背中から、ずっしりとした重さや、力強さは感じられるはずです。


Wilhem Busch:   
Have you ever felt VAIN before?  We all have.  Draw it!

ヴィルヘルム・ブッシュ
虚しさを感じたことはありませんか? あるはずです。描いてみましょう。


Or LAZY on a weekend afternoon?   Draw it! 

週末の午後、「だらだら」と過ごしたことは?描いてみましょう。





I chose these examples for their looseness and purity.  These are qualities that will help your drawings be more expressive rather than literal.     Have fun!  See you next time!  

今回選んだ作例は、どれもルーズでストレートです。見たままの形ではなく、何かを訴えかけるドローイングには、この2つが役に立ちます。楽しんでください! またお会いしましょう!










Thursday, August 15, 2019

BASIC KEY LANDMARKS for Figure Drawing - 人物画のための基本的なランドマーク








Landmarks are keys that can help you plot your path from beginning to end when drawing the human figure.   Whether you start drawing using the head or the torso or the leg, these points can help you lock down positions when you are constructing your figure.

ランドマークは、人物を描画するときに引くパスを決めるときに役立つ手掛かりです
頭部、胴体、脚のどこから描画を開始する場合でも、ランドマークは、人体を構成するときに部位の位置を教えてくれます。

THE TORSO  (Front)
胴体(前面)




The torso is my favorite place to start since it determines so much about the figure. 
As noted in the diagram  the 10th rib, and the points of the iliac crest on the pelvis are excellent points to use.  

What's great about these two points is that they can help show how the body is twisting or bending in space. 

私は人体についての情報がたくさん含まれている、胴体から描き始めるのが好きです。
上図から分かるように、第十肋骨(10th rib)と、骨盤の腸骨稜(ちょうこつりょう:iliac crest)は大きな手掛かりです。

この2つのランドマークの素晴らしいところは、人体のひねりや曲げを示してくれることです。







The sternum and the 10th rib points form a "Y" form on the front of the body. The distance between all these all basically the same length.  

Note in the first torso illustration,  the two points on the iliac crest are helpful for determining the center of the body by drawing a triangle down, and a line upwards from below the pubic arch.  This will always give you the perfect position of the navel.  

胸骨(sternum)と第十肋骨(10th rib)は、胴体前面にある"Y"字です。この3つのラインは基本的に同じ長さです。

最初のイラストの腸骨稜(iliac crest)を見てください。腸骨稜の2点を底辺にした逆三角形と、恥骨から上に伸ばしたラインによって、体の中心が分かります。こうすると、へそを置くべき場所がしっかり決まります。



TORSO (Rear)
胴体(後面)






The 7th Cervical Vertebra is the small bump at the base of your neck.  This is the position where the neck ends and the spine begins to curve in the opposite direction.

第七頸椎(7th Cervical Vertebra)は、背中側の首の付け根にある出っ張りです。ここが首の終わりで、ここから逆向きのカーブを描く背骨が始まります。

 The scapula on the left and right side of the body are excellent landmarks as well as the lower part of the torso's sacrum which holds the "Dimples of Venus" .

背中の左右の肩甲骨、胴の下部の仙骨(左右の上部に、いわゆるヴィーナスのえくぼが観察できます)も便利なランドマークです。




ARMS and LEGS
腕と脚

Arms and legs can be handled rhythmically.   However, if more anatomy is to be applied it can be handled as a series of interlocking shapes.

The arm I drew here are a little idealized but it is good to know what muscles are working underneath. 

腕と脚は、リズムを優先して描くこともできます。一方、アナトミーを優先すると、複数のシェイプの組み合わせとしてとらえることもできます。

私が描いた腕の例(下のイラスト)は、やや抽象化していますが、筋肉がどのように組み合わさっているかを知っていると、役に立つことが分かります。





Note how the forces of the deltoid (1), go into into the bicep (2), go into the elbow (3) into the supinator of the forearm (4) and finally out the wrist (5). 

フォースの流れは三角筋(1)から二頭筋(2)に向かい、肘(3)、回外筋(4)、そして手首(5)に向かいます。













In the leg in its simplest form can be handled from the curve of the outside of the leg (1) to the inside of the knee (2), to the outside of the calf muscle (3) out to the inside and outside peaks of the ankle (4 and 5)  and out to the curve behind the big toe (6). 

The sartorius muscle and the tensor fasciae  latae create a useful upside down V shape that straddles the quadricep muscles.

脚を最もシンプルに描画すると、一連のカーブの流れになります。大腿の外側(1)、膝の内側(2)、ふくらはぎの筋肉の外側(3)、内くるぶし(4)、外くるぶし(5)、足の親指の外側(6)です。

縫工筋(sartorius muscle)と大腿筋膜張筋(tensor fasciae latae)は逆V字型をなし、その下に大腿四頭筋(quadricep muscles)が挟み込まれています。




Please remember these are just landmarks to help you get from start to finish in an easier way.  Don't be a slave to anatomy.  These are just tools to help support the gesture and design of your drawing.

ランドマークを知っていると、人体を楽に描けるようになります。アナトミーの知識は役に立ちますが、アナトミーを描くために人体を描くわけではありません。ジェスチャーやドローイングをデザインするときの手掛かりとして役立てましょう。

I have included some artist examples in fine art, illustration and cartooning. Can you locate where the landmarks are?

以下にいくつか、古典手法の絵画、イラスト、カートゥーンの例をご紹介します。ランドマークをどう利用しているか、見て取れるでしょうか?

Have fun drawing!
ドローイングを楽しんでください!


Glenn Vilppu
グレン・ビルプ










Alex Ross
アレックス・ロス












Glen Keane
グレン・キーン







Frank Frazetta
フランク・フラゼッタ





Peter Paul Rubens 
ピーテル・パウル・ルーベンス