Thursday, May 30, 2019

Drawing the Female Form - Part 2. - Using Appealing Design - 女性を女性らしく描く - Part 2 – アピール(魅力)のあるデザインを使う



As I described in my previous blog: Straights Vs. Curves   the compliments of straights and curves is what we want to use for a more graphic and animated quality when drawing the human figure.

以前のブログ記事「直線 VS. 曲線」(http://kicreativestudio.blogspot.com/2018/02/straights-vs-curves.html)で説明したように、補完し合う直線と曲線の組み合わせは、グラフィック調あるいはアニメーション寄りのクオリティで人物を描くときに使うと有効です。 

Gesture is still the most important aspect, but we can combine our foundation understanding of capturing the figure using appealing graphic shapes.

ジェスチャーはもちろん一番重要です。この基本的な理解を魅力的なグラフィックシェイプで人物をとらえることに組み合わせると、アピールが高まります。 


One of my favorite and most reliable tools for figure drawing using the 'rice bag' (or the flour sack in the USA)  as a shorthand model for the human pelvis.  (See past blog:  Your Friend: The Rice Bag)  A problem however is that the rice bag is somewhat male in design.

人間の体幹を「コメ袋(小麦袋)」としてとらえるのは、私のお気に入りのやり方であり、人物ドローイングで最も信頼できるツールの1つです(過去のブログ記事「Your Friend: The Rice Bag」参照:http://kicreativestudio.blogspot.com/2018/02/straights-vs-curves.html)。しかし問題は、コメ袋がやや男性的なデザインであることです。
However as you can see above, we can modify it to match the small ribcage and flaring out hips of a female.  We can even make this a very graphic form as seen above.  Glenn Vilppu likes to call this a "Schmoo" design.  (Based on the American comic character The Schmoo by Al Capp.)  

上のイラストをご覧ください。コメ袋を少し小さくして、小さい胸郭に合わせ、腰を広げることで女性に合わせられます。さらに、これをグラフィック形状に簡略化することもできます。巨匠グレン・ビルプ先生は、これを「シュムー」デザインと呼んでいます(Al Cappによるアメリカのコミック「The Schmoo」の主役です)。

But if you want we can break it down even more graphically to simple shapes using straights and curves.  

さらに単純化すると、直線と曲線を組み合わせた単純なシェイプになります。 

Look for more examples of this in the videos and examples below!  Give it a try in your own drawings!  You'll see results soon! 

以下に動画とサンプルをご用意しました。皆さんのドローイングでもお試しください。すぐに結果が表れるはずですよ! 













Alphonse Mucha

アルフォンス・ミュシャ

Frank Cho

フランク・チョウ







Jin Kim

ジン・キム





Tuesday, March 26, 2019

How to Do DYNAMIC FIGURE Drawing - 人物ドローイングをダイナミックに





So we have acquired some skill in drawing the human figure.  We understand anatomy, how to measure and use perspective.    But why isn't our drawing leaping off the page?  What is missing?

ある程度、人物を描けるようになったとしましょう。アナトミー、パースについても理解しました。それでも描いた人物が紙から飛び出してこないのはなぜでしょう? 何が足りないのでしょう?

Legendary comic artist Jack Kirby is often considered the ultimate master of dynamic figure drawing.  Though he never trained formally,  his figures always felt they were about to leap off the page and hit you in the face.

ダイナミックな人物画を描かせたら最高の巨匠とされているのは、伝説のコミックアーティスト、ジャック・カービーでしょう。正式な教育は受けていないにもかかわらず、カービーの描く人物は、ページから飛び出して、まるで顔にぶつかりそうです。

Jack Kirby called himself a cartoonist but some in the comics industry called him an impressionist and even a genius.  His approach towards figure drawing is still used today in American comics, animation, movies and advertising.

カービーは自らを漫画家と称していましたが、コミック業界は彼を「抽象画家」と呼び、「天才」とまで呼ぶ人もいました。彼の人物の描き方は、現在のアメリカのコミック、アニメーション、映画、広告にも息づいています。




The above illustration of Marvel Comics' Black Panther (created by Jack Kirby) is crude but the dynamic power is undeniable.     Some might  say it's simply "forced perspective".  That might be true, but Kirby really used this tool to push drama and power into his figures. 

上のイラストは、マーベルコミックの「ブラック・パンサー」(ジャック・カービー作)です。少々雑なことは否めませんが、躍動感は伝わってきます。「単にパースを強調しただけだ」という人もいるでしょう。それも真実です。でも、カービーはこの人物のドラマと力強さを高めるために、パースというツールをしっかり利用したのです。



This would lead the path for more commercially trained artists like John Buscema.  Buscema confessed he stole Kirby's compositions and sensibility in order to get that dynamic impact into his work when he was assigned to draw Marvel's Avengers or Fantastic Four.   Kirby's tools combined with Buscema's draftsmanship would give results like this:

この流れは、ジョン・ビュセマをはじめとする、教育を受けた商業アーティストたちに引き継がれました。事実、ビュセマは、マーベルから「アベンジャーズ」や「ファンタスティック・フォー」の仕事を依頼されたときに、ダイナミックなインパクトを作品に取り入れようと、カービーの作品から構図と感性を盗んだと述べています。カービーのツールがビュセマの画力に組み合わさると、このような素晴らしい絵になります。
And this!  

こちらもそうです!



Comic professionals said Kirby's figures are so dynamic their arms and legs would be in two different time zones!  Buscema used Kirby's method but in his own way.  

コミック業界のプロフェッショナルたちは、カービーが描く人物はまるで、腕と脚が別々のタイムゾーンに存在しているようだと言いました。ビュセマはカービーの手法を彼独自の方法で使いました。

Ok, enough lauding over Kirby and Buscema.  We know they are great -- HOW TO DO WE DO DYNAMIC DRAWING?  

カービーとビュセマの素晴らしさは、お分かりのことでしょう。彼らは偉大です。それでは、どうしたらダイナミックなドローイングが描けるのでしょうか。

The keys to DYNAMIC DRAWING are here!
Keys are:

ダイナミックなドローイングの秘訣を教えましょう。

Deep Space
Overlap
Size
Dynamic Rhythm 


奥行き
オーバーラップ
サイズ
ダイナミックなリズム


Our magnificent and amazing model this month is the spectacular Utageguruma!   Her uncanny body control and movement is almost spider-like at times.  Perfect for this month's lesson point.

今月のモデルを務めるのは、素敵なUTAGEGURUMAさんです。彼女のボディコントロールと動きは、まるでスパイダーのようです。今月のレッスンポイントにもぴったりマッチしています。

Take for example this first photo.

写真をご覧ください。


It's a great pose.  Twists, angles, rhythm.  And maybe in the hands of an average artist we might render a gesture drawing like this:

素晴らしいポーズですね。ひねり、角度、リズムも申し分ありません。普通のアーティストなら、おそらく、このようなジェスチャードローイングを描くでしょう。


So what's wrong here?  Nothing,  if the aim was just to illustrate a simple gesture.  But see how even everything is.   Everything seems to be on the same plane.  There is nothing wrong with this approach, but for dynamic figure drawing, this is a "C" grade at best.

何がいけないかって? 単純なジェスチャーを描きたいだけなら、何もいけないところはありません。どこをとっても均一に描かれています。どの部位も同じ平面上に存在しています。これがいけないわけではありません。ただし、ダイナミックな人物を描きたいのなら、これではよくも悪くもなくといったところでしょう。



Now look here.  Now this is more dramatic.  Here the contrast is undeniable.  The exaggeration of the trust in her leg creates more impact.  The use of contrasting size creates a sense of deep space.    Rhythm is of course used to keep the eye moving.  

こちらはどうでしょうか。ずっとドラマチックです。コントラストもはっきりしています。ドンと踏み出した脚が印象的です。大小のコントラストを付けたことで、奥行きも生まれました。もちろん、視線を誘導するリズムもあります。


Bear in mind these are only tools to help inform your work.  How far you want to take it is up to you. 


このようなテクニックは、作品に情報を与えてくれます。でも、どの程度、何に使うかは描き手が決めることです。

Mike Matessi, author of the FORCE books, has a great exercise using what he called the "Spatial Bounding Boxes".  It's a fantastic tool to help you see and design your figure drawing and push depth.

「リズムとフォース」の著者、マイケル・マテジは空間に枠を置く「スペイシャル・バウンディング・ボックス」という練習方法を教えてくれました。これを使うと、人物画をデザインし、奥行きを増すことができます。 

See it used here in the previous Buscema example:

先ほどのビュセマの例に、バウンディングボックスを置いたものがこれです。


Obviously the use of a larger box and a smaller box to frame major elements of your figure helps you to see and push even deeper space into your drawing. 

人物の重要な要素を大きいボックスと小さいボックスで囲むと、ドローイングの奥行きがぐっと広がります

Recently I am huge fan of the animated film, Spider-Man: Into the Spider-Verse.  It's a fantastic film and it's filled with tons of super dynamic and inspirational poses that use the keys to dynamic figure drawing I noted above.  See how Mike Matessi's "Bounding Boxes" can be applied here.

最近見た「スパイダーマン: スパイダーバース」は私のお気に入りになりました。映画として素晴らしいうえに、ダイナミックで印象的なポーズがたくさん散りばめられています。このポーズには、このトピックで説明した秘訣が使われています。以下は、マイケル・マテジのバウンディングボックスを置いた例です。










These are just great.  Bold and dynamic!  

文句なし。大胆で、ダイナミックです!


PRETASK

準備

Yes!  Homework!  Try doing your own dynamic drawing using the tools I noted above.  Copy some of the images I posed above, or from my other suggested images below.  Or  you can go to Utagegurma's YouTube or  Instagram page and try some figure drawings from there!   Share your work with me here or on social media.   Looking forward to seeing you at the next Ki Creative Drawing Workshop on April 15th!   Have fun!  

そうです! 宿題ですよ。説明したツールを使って、ダイナミックなドローイングを描いてみてください。このページの上、下の画像からでも、UTAGEGURUMAのYoutube,やインスタグラムをチェックして、何体か描いて僕に見せてください。または、SNSで共有してください。次回のKi Creative Drawing Workshopは4月15日です。お待ちしています。楽しいですよ!!


More examples of dynamic drawing for your artistic health!  

ダイナミックなドローイングをいくつかお見せしましょう。アートの参考にしてください。



Jack Kirby

ジャック・カービー




John Buscema 

ジョン・ビュセマ

Jack Kirby

ジャック・カービー









Bruce Timm 

ブルース・ティム






Spider-Man:  Into the Spider-Verse - Sony Animation

スパイダーマン:スパイダーバース






































Wednesday, February 13, 2019

My FORCE Drawing Experience




Had the pleasure of working with FORCE instructor Michael Mattesi the other week here in Japan.  More about it here on my other blog.



Friday, January 25, 2019

How to get LIFE into your Drawing by using Rhythm and Force - リズムとフォースでドローイングに生命を吹き込む

Art by Bruce Timm


Force.  Rhythm. Energy.  These are very abstract terms.  However they cannot be ignored because they influence all aspects of life.  Animators understand this as should all artists.   Ultimately all art is a form of animation.

フォース。リズム。エネルギー。どれも抽象的な言葉です。しかしこれらは、自然界のすべての側面に影響する、無視できない事柄です。アニメーターだけでなく、アーティストは全員が理解すべきです。突き詰めれば、アートはすべて、アニメーションの1つの形態なのです。


How does this apply to drawing?

ドローイングに、どう関係するのでしょう?


Designer, animator and amazing art instructor, Michael Mattesi literally defines his approach as FORCE drawing.

デザイナーであり、アニメーターであり、優れたアート指導者であるマイケル・マテジは、彼のアプローチを「フォースドローイング」と名付けました。



Essentially what we are looking for are relationships, transitions and above all change. Transitions that will lead the viewers eye from one point to another point.

簡単な言葉にすると、2つのポイントの間の「関係」あるいは「トランジション」です。変化を探しましょう。「トランジション」は、あるポイントから別のポイントへ、鑑賞者の目を導きます。


I have covered this point before in previous blogs, especially when drawing the female form and where rhythms in the body are quite obvious.

この点は、以前のブログ<http://kicreativestudio.blogspot.com/2018/05/draw-forces-not-forms.html>で取り上げました。特に「女性を女性らしく描く Part 1
」<http://kicreativestudio.blogspot.com/2018/08/drawing-female-form-part-1.html>では、体の中のどこにリズムを見て取れるかを説明しています。


This tool when understood is quite powerful and can be applied to not just making your gesture drawings more dynamic but also your renderings and compositions.

このツールは、理解できれば、たいへん強力です。ジェスチャードローイングの動感を高めるためだけでなく、形状や質感の表現、構図も向上させてくれます。


Let's start with line.  
ラインから始めましょう。


Step 1.  Analyse the action!
ステップ1. アクションを分析する!


Look for transitions.  Look for rhythms , flows that make the eye move!
トランジションを探しましょう。リズムを探しましょう。視線を誘導する「流れ」です!





Note this graphic from Warner Bros. animation designer, Shane Glines.  Though a very graphic design, the rhythms pushing through the body are very clear.  Even without the guidelines feel how your eyes naturally want to move over the body from one point to the other.

以下の画像は、ワーナー・ブラザースアニメーションのデザイナー、シェーン・グラインズ<https://www.instagram.com/shaneglines/?hl=en>によります。グラフィック調のデザインですが、全身を流れるリズムは、明快に見て取れます。ガイドラインなしにも、ポイントからポイントへ、視線が自然に導かれていくのが分かります。




Step 2.  Choice of Line in Rhythm
ステップ2.リズムのラインを選ぶ

What kind of experience do you see in the action??
アクションから見て取れたのは、どのような種類の経験でしょう?

Are we making relationships with lines that are curved and slow or lines that are sharp and fast?
曲線なら、2つのポイントの関係はゆっくりです。直線的なら、速くなります。










Note this illustration from illustration pioneer Charles Dana Gibson.  His use of surface lines though straight and hard do lead the eye sharply over the forms, implying speed in the long smooth surfaces.

以下は、イラストレーターの先駆け、チャールズ・ダナ・ギブソンのイラストです。彼は、サーフェスラインにくっきりとした直線を使っています。したがって、鑑賞者の目は、フォームの上を素早く動きます。これは、一方向に長く垂れ下がる滑らかな布地の質感を示す効果があります


  

However in the example of Frank Frazetta's illustration, he uses dynamic but slightly slower curved lines implying flesh and also note the relationships that guide your eye on the monsters muscular back into his flailing arm. 

これと対照的な例は、フランク・フラゼッタのイラストです。ダイナミックであると同時に視線を緩やかに導くカーブを多用して、肉体を表現しています。また、「関係」を意識し、筋肉が盛り上がったモンスターの背中から、大きく差し出した腕へと視線を誘導しています。





I also took the liberty of reproducing Frazetta's composition to show how rhythm and force can be used as composition tools.

フラゼッタから構図をもらい、リズムとフォースが構図を組み立てるためのツールとしても有効なことを以下のイラストで示しています。



I learned the subtle but powerful lesson point from Michael Matessi at his FORCE workshop in Japan this past week.   Note the "S" curve of the girl which leads into the hero's body and punch.  Mike pointed out that even the sweeping of the girl's hair was used to lead the eye into the hero.  Awesome composition design!  

先日日本で行われた、マイケル・マテジ氏のワークショップで、非常に強力なツールが隠れていることを教えてもらいました。女性の背中のS字形のカーブが、主役のヒーローの体とパンチにつながっているというのです。マイケルはまた、この女性の髪も鑑賞者の目をヒーローへと導くために役立っていると指摘しました。素晴らしい構図デザインの例です!



I hope these notes inspire you. We are just scratching the surface on how force and rhythm can be used as tools to make your drawings more dynamic.  More to come here at the Ki Creative Studio Drawing workshop next moth Feb. 25th

この記事が皆さんの役に立ちますように。フォースとリズムがダイナミックなドローイングを可能にするツールであることをざっくりと説明しました。2月25日に開催される「Ki Creative Studio」ドローイングワークショップで、もう少し掘り下げる予定です。


In the meantime this is my Recommended Reading List for more perspective!

以下は、推薦図書です。時間のある時に読んで、視野を広げてください!

FORCE : Dynamic Life Drawing for Animators by Michael Mattesi

日本語版:リズムとフォース : 躍動感あるドローイングの描き方 マイケル・マテジ著

The Practice and Science of Drawing by Harold Speed (Chapter 10:  Rhythm)

Glenn Vilppu's Drawing Manual by Glenn Vilppu 

日本語版:グレン・ビルプのドローイングマニュアル グレン・ビルプ著