Friday, May 15, 2020

Proportions, Exaggeration, Personal Perspective and Design - プロポーション、誇張、個人的な見方、デザイン





This is maybe is a touchy subject. However we shouldn't lie about what is true and what we "see".

おそらくこれはデリケートなテーマです。しかし、私たちは何が真実で何を「見ている」かを偽ってはいけません。


What are the idea human figure proportions?

理想的な人体プロポーションとは?

"Wow, you have such a small face!"
ずいぶん顔が小さいわね!


If you are a westerner living in Japan (like myself), you will hear that odd sounding compliment at least once during your stay here.

西洋人が日本に滞在すると(私がそうです)、この少し奇妙は誉め言葉を滞在中に1度は耳にすることになります

Japanese nationals tend to think esterners have small heads to compliment their supposed "ideal looking" bodies. Small heads, long legs etc.

日本人は、西洋人は「理想的とする外観」の体に、小さな頭が乗っていると思っているのです。小さい頭、長い脚など。




I think it’s a matter of individual point of view of what is ideal.

私は、それは何を理想とするかの個人的な見方の問題だと思います。


It's important to have an understanding of the proportions of our figures so we can draw them accurately or exaggerate them if necessary.

人間の体のプロポーションを理解するのは、正確に描くためにも、必要に応じて誇張を加えるためにも必要なことです。



Often schools teaching fine art use western looking figures with generally western features and proportions.

美術学校では、一般に西洋人の特徴とプロポーションを備えた、西洋の人体を使用しています。


We should note that these proportions will differ from one ethnic group to the other.  These things are determined by genetics, diet, generation and even perhaps culture.    The average American like myself, might be about 7 and a half heads tall in measurement.  However in Japan the average man in this generation may be around 6 and a half heads high.


プロポーションは、民族によって異なります。これらは、遺伝要素、食生活、世代、おそらく文化によって左右されます。私のような平均的なアメリカ人は、約7.5頭身のプロポーションです。しかし、日本では現代の平均的な男性は、約6.5頭身のプロポーションです。


If you already have a sense on what the average proportions of humans are, then it's not so important to labor over it. However, if you don't it's very important that you do.

人間の平均的なプロポーションがわかっていれば、プロポーションについてそれほど苦労することはありません。ただし、わかっていないなら、理解すべきです。

In order to break the rules you have to know the rules! 

ルールを破るには、ルールを知る必要があるのです!






As I noted before, the average human proportions are about 7.5 heads high....(not so impressive)  

前にも述べたように、平均的な人間は約7.5頭身です。(それほど印象的ではありません)


However, an "ideal" human would have proportions about 8 heads high.  This is better, but essentially there is no "commentary" on the figure.   No story. 

ただし、「理想的な」人間のプロポーションは、約8頭身です。この方が見た目は良いでしょうが、その人についての「解説」が存在しません。ストーリーがないのです。

However when we get into figures being more than 8 heads high, now we are getting into beyond what is normal.  Now we are going into the figure looking dramatic and their proportions express they are more than the average or ideal human. 

しかし、8頭身を超えると、正常な範囲を超えます。劇的に見え、そのプロポーションがその人が平均的または理想的な人間を超える存在であることを表現しています。

This is what we see often in fantasy and fashion illustration and of course, superhero comic books. 

これがファンタジーやファッションのイラスト、そしてもちろんスーパーヒーローのコミックブックでよく目にするものです。


Please note these two examples of two people from "How to Draw Comics the Marvel Way" illustrated by John Buscema.

ジョン・ビュセマの著書「How to Draw Comics the Marvel Way」の2人の人物を見てください。

The figure below is  a "superhero" but his physical build is supposed to be that of an "average man".  However note how "heroic" he looks.  He is designed 8 and 3/4 heads high.  This was done for the effect of drama.  


下の人物は「スーパーヒーロー」ですが、彼は「平均的な男性」の体格だという想定です。しかし、彼が「英雄的」に見えます。彼のプロポーションは、8と3/4頭身に設計されています。これは、劇的な効果のためのデザインです。


The above character's spouse is also supposed to be an "average woman" but she is also 8 and 3/4 heads tall, despite she is written as a kind of "superhero's housewife".  These proportions make her more impressive and appealing to the viewer.  John Buscema made a statement in her design but without departing too far from the feeling of realism. 


上のキャラクターの妻も「平均的な女性」だという想定です。しかし、彼女はいわゆる「スーパーヒーローの妻」とだけ書かれているにもかかわらず、8と3/4頭身です。このプロポーションは、彼女をより印象的で視聴者の目には魅力的に映ります。ジョン・ビュセマンは彼女のデザインに意味を込めましたが、現実感からはかけ離れていません。



Now let's talk about breaking some rules!

次はルールを破ることについてです!



This superhero is only 6 heads high!  But he doesn't look weak does he?   So what is happening here?  Making him six heads high helps make the character more broad in design...implying strength and power. 


このスーパーヒーローは、たった6頭身しかありません! しかし、彼は弱く見えませんか? 何が起きているのでしょうか? 彼を6頭身にすると、デザインの幅が広がり、強さとパワーを暗示できます。


This gangster named "The Kingpin" (also from Marvel Comics) is supposed to stand about 2 meters in height but he is only 5 heads tall!  So imagine how massive he would be standing next to you. 

「ザ・キングピン」という名前のギャング(同じくマーベルコミックス)は、およそ2メートルの身長ですが、たったの5頭身です。彼があなたの隣に立ったら、どれほど巨大かを想像してみてください。



Essentially where we are going is into the realm of caricature.  But not in the interest of being funny. 

私はつまり、カリカチュアの領域に入ろうというのです。しかし、面白おかしくするためではありません。



Artist Bill Sienkiewicz took his design of The Kingpin even further to the point of abstraction. 

アーティストのビル・シェンキェヴィチは、キングピンのデザインを抽象化の領域にまで押し進めました。



Despite being absurd and surreal it's quite effective in making a visual statement The Kingpin's overwhelming presence.   So effective that his designs inspired his animated film depiction. 

滑稽で非現実的ではありますが、視覚的な意味を込めるには非常に効果的です。キングピンの圧倒的な存在感。彼のデザインが、アニメーション映画の表現に影響を与えたほどです。





Speaking of animation let's take a look at some proportions from some well known animated characters. 

アニメーションの話になったところで、有名なアニメーションキャラクターのプロポーションをいくつか見てみましょう







Here is a size chart from Walt Disney's Peter Pan.  Note the actual size of the children's heads are smaller than the adult's heads. Both the younger and older female measure about 5 and 1/2 heads tall. 

これは、ウォルトディズニーのピーターパンで使われたサイズシートです。子供の頭のサイズが実際に大人の頭よりも小さいことに注意してください。子供も成人も約5と1/2頭身です。




Another note about average proportions:  Generally the length  people's hands and feet are about the same size as their heads.  Note the sizes of the hands and feet of all the characters vary.  Note how small the father's (John Darling) feet are in contrast to his head, making him look quite large.  Note how small Wendy and Mary Darling's hands are in contrast to their heads. making them seem even more feminine and gentle. 

平均的なプロポーションについて、もう1つ:一般に、人の手と足の長さは、頭とほぼ同じサイズです。すべてのキャラクターの手と足のサイズがバラバラなことに注目してください。父親(ジョン・ダーリング)の足は彼の頭と比べて小さく、それによって彼が大きく見えることに注意してください。ウェンディ(娘)とメアリー(母親)の手が頭よりずっと小さいことに注目してください。彼女たちがより女性的で、優しい印象になっています










Mickey Mouse is famous for measuring 2 and 1/2 or 3 heads high.  Basically these are the proportions of a child.  That might be the reason why he is so instantly appealing to audiences.  Note Donald Duck also measures about 3 heads high but his head is smaller making him actually shorter than Mickey. 

ミッキーマウスのプロポーションは、2と1/2頭身から3頭身です。基本的に、これは子供のプロポーションです。彼が即座に鑑賞者の心をつかむ理由かもしれません。ドナルドダックも約3頭身ですが、彼の頭は小さく、ミッキーよりも背が低くなっています。



This proportion design was used over and over again at Disney as we can see with its earlier films like Pinocchio, Snow White and the Seven Dwarfs and others. 

ピノキオ、白雪姫と七人のこびとなど、このプロポーションデザインは、名作映画で何度も使用されました。



Most Disney Princess type characters stand about 5 and 1/2 heads tall.  This forces the design to make the body slender but the head a little larger, drawing more attraction to the face and eyes. 

ディズニープリンセスタイプのキャラクターはほとんどが、約5と1/2頭身です。このデザインにすると、ボディを細身に、頭は少し大きくして顔と目に注目を引き付けることになります。






Here is size comparison chart from Disney's Aladdin.  Note the proportions of the characters in contrast to the other characters.  What do you think it says about them?  Do you feel a sense of character or story about them based on their size and shape?  

こちらはディズニーのアラジンのサイズ比較表です。キャラクターのプロポーションがそれぞれ異なることに注目してください。プロポーションは、彼らについて何を述べていると思いますか?サイズや形から、キャラクターやストーリーについて何かを感じますか?




In closing I would like to say that how we design our figures greatly comes from how we see them.  When I say "see", I am referring to our personal point of view. 

最後に、私たちがキャラクターをどうデザインするかは、そのキャラクターをどう見ているかに大きく依存しています。私が「見る」と言うときは、個人的な見方(見解)を指しています。

What we see in American illustration, comics, art or animation greatly is influenced by what Americans see or want to see.  The same goes for Japanese illustration, comics and animation as well.

アメリカのイラスト、コミック、アート、アニメーションで目にするものは、アメリカ人が目にしているもの、見たいものに大きく影響されます。日本のイラスト、コミック、アニメーションも同じことです。














Below are some other examples of proportion and how some exaggerations were made for design's sake. 

プロポーションと、そこにデザインのための誇張がどのように行われたか、作品の例をご覧ください。



Andrew Loomis 
アンドリュー・ルーミス









Robert McGuiness
ロバート・マッギニス







Pete Hawley 
ピート・ホーリー








Jeff Scott Campbell
ジェフ・スコット・キャンベル









Walt Disney Animation Studios
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ









Alex Ross
アレックス・ロス
  




Bill Sienkiewicz
ビル・シェンキェヴィチ




Friday, February 14, 2020

Drawing the Human Figure - The Sphere and Box - 人物を描く:球とボックス



I am going to share a drawing tool that some of you might have seen before in but taught in a different way.
今回は、ドローイングに便利なツールをご紹介します。おそらく皆さんの中には別の方法でこのツールの使い方を勉強した方もいるでしょう。



In terms of laying the human figure many people use the torso as a central grounding point for drawing the figure.
人体を描くときには、胴体を軸に据える人が多いのではないでしょうか。






I have given examples of this with our old friend " The Rice Bag" (aka the Flour Sack in American animation) in previous  previous blogs. 
私は胴を中心に据えて描くことについて、古き良き友人の「コメ袋」(アメリカアニメーション業界風に言えばフラワーサック(小麦袋))を以前のブログで取り上げました。  https://kicreativestudio.blogspot.com/2017/04/your-friend-rice-bag-japanese.html





The Rice Bag while useful for a quick lay-in for the torso, or a cartoonish form of design, it can sometimes lose some of the clear structure underneath. 
胴体をコメ袋だとみなすのは、便利なショートカットであり、カートゥーン調のデザインに馴染みます。ただし、明確な人体の構造をとらえ損なう恐れもあります。



Whenever I prepare to draw I like to fill my pages with spheres and boxes to get my head in the right direction.  Spheres for the organic frame of mind, boxes for a structure and a sense of perspective.
私はドローイングの準備運動として、球とボックスをページいっぱいに描きます。頭の認識をドローイング用に整えるのです。球は有機的なものを描くことに、ボックスは構造とパースの感覚を養うことにつながります。







My instructor, Glenn Vilppu has a tool where he combines the Sphere and the Box for drawing the human torso. 
私の師であるグレン・ビルプ先生は、球とボックスを組み合わせたツールを使って人の胴を描いています





Drawing is greatly visualization and it is very difficult to draw something if you do not understand or respect what is underneath the form.
ドローイングとは可視化の作業で、描く対象のフォームがどのような構造になっているかを知らずに描くのは非常に難しいものです。



This also helps create the illusion of a more realistic stretch or squash.  As opposed to the gummy squash and stretch of the rice bag.
構造を知れば、単にコメ袋が伸び縮みする以上の、現実的なストレッチ&スクウォッシュ(伸ばしと潰し)を描くことができます。





See in the example below how the Box and Sphere helps show greater dimension and also clearer depth and perspective.
以下の例を見てください。球とボックスが、立体を示すことに役立ち、奥行きやパースも明快に示しています。



Also with the corners of the box can be used to show the pulling of or contracting of flesh in the forms---not just on the contour but also off the surface of the form. 
ボックスのコーナーは、フォームの中で人体のパーツが収縮する様子を表しています。輪郭がそうなるだけではなく、表面下のフォーム(立体形状)が変化しているのです。






Please keep in mind this is only a tool to help you lay in the forms.   I have not thrown away the concept of our old friend the rice bag.  This is only a tool to add to your artistic toolbox.
これはフォームを描くために役立つ「ツール」に過ぎないことをお忘れなく。古き良き友人のコメ袋を否定しているわけではありません。この記事で紹介しているのは、皆さんの道具箱に加えてもらう、もう1つのツールです。



Below are some of examples in other artists work where the combination of the sphere and box can be seen in constructing the figure. 
以下に、球とボックスを使って人体の構造のベースとして使っていることが見て取れる作例をいくつかご紹介します。


Chris Wahl クリス・ウォール




Frank Frazetta フランク・フラゼッタ






Glenn Vilppu グレン・ビルプ



John Buscema ジョン・ビュッセマ







John La Gatta ジョン・ラ・ガッタ







Steve Huston スティーヴ・ヒューストン