Wednesday, February 13, 2019

My FORCE Drawing Experience




Had the pleasure of working with FORCE instructor Michael Mattesi the other week here in Japan.  More about it here on my other blog.



Friday, January 25, 2019

How to get LIFE into your Drawing by using Rhythm and Force - リズムとフォースでドローイングに生命を吹き込む

Art by Bruce Timm


Force.  Rhythm. Energy.  These are very abstract terms.  However they cannot be ignored because they influence all aspects of life.  Animators understand this as should all artists.   Ultimately all art is a form of animation.

フォース。リズム。エネルギー。どれも抽象的な言葉です。しかしこれらは、自然界のすべての側面に影響する、無視できない事柄です。アニメーターだけでなく、アーティストは全員が理解すべきです。突き詰めれば、アートはすべて、アニメーションの1つの形態なのです。


How does this apply to drawing?

ドローイングに、どう関係するのでしょう?


Designer, animator and amazing art instructor, Michael Mattesi literally defines his approach as FORCE drawing.

デザイナーであり、アニメーターであり、優れたアート指導者であるマイケル・マテジは、彼のアプローチを「フォースドローイング」と名付けました。



Essentially what we are looking for are relationships, transitions and above all change. Transitions that will lead the viewers eye from one point to another point.

簡単な言葉にすると、2つのポイントの間の「関係」あるいは「トランジション」です。変化を探しましょう。「トランジション」は、あるポイントから別のポイントへ、鑑賞者の目を導きます。


I have covered this point before in previous blogs, especially when drawing the female form and where rhythms in the body are quite obvious.

この点は、以前のブログ<http://kicreativestudio.blogspot.com/2018/05/draw-forces-not-forms.html>で取り上げました。特に「女性を女性らしく描く Part 1
」<http://kicreativestudio.blogspot.com/2018/08/drawing-female-form-part-1.html>では、体の中のどこにリズムを見て取れるかを説明しています。


This tool when understood is quite powerful and can be applied to not just making your gesture drawings more dynamic but also your renderings and compositions.

このツールは、理解できれば、たいへん強力です。ジェスチャードローイングの動感を高めるためだけでなく、形状や質感の表現、構図も向上させてくれます。


Let's start with line.  
ラインから始めましょう。


Step 1.  Analyse the action!
ステップ1. アクションを分析する!


Look for transitions.  Look for rhythms , flows that make the eye move!
トランジションを探しましょう。リズムを探しましょう。視線を誘導する「流れ」です!





Note this graphic from Warner Bros. animation designer, Shane Glines.  Though a very graphic design, the rhythms pushing through the body are very clear.  Even without the guidelines feel how your eyes naturally want to move over the body from one point to the other.

以下の画像は、ワーナー・ブラザースアニメーションのデザイナー、シェーン・グラインズ<https://www.instagram.com/shaneglines/?hl=en>によります。グラフィック調のデザインですが、全身を流れるリズムは、明快に見て取れます。ガイドラインなしにも、ポイントからポイントへ、視線が自然に導かれていくのが分かります。




Step 2.  Choice of Line in Rhythm
ステップ2.リズムのラインを選ぶ

What kind of experience do you see in the action??
アクションから見て取れたのは、どのような種類の経験でしょう?

Are we making relationships with lines that are curved and slow or lines that are sharp and fast?
曲線なら、2つのポイントの関係はゆっくりです。直線的なら、速くなります。










Note this illustration from illustration pioneer Charles Dana Gibson.  His use of surface lines though straight and hard do lead the eye sharply over the forms, implying speed in the long smooth surfaces.

以下は、イラストレーターの先駆け、チャールズ・ダナ・ギブソンのイラストです。彼は、サーフェスラインにくっきりとした直線を使っています。したがって、鑑賞者の目は、フォームの上を素早く動きます。これは、一方向に長く垂れ下がる滑らかな布地の質感を示す効果があります


  

However in the example of Frank Frazetta's illustration, he uses dynamic but slightly slower curved lines implying flesh and also note the relationships that guide your eye on the monsters muscular back into his flailing arm. 

これと対照的な例は、フランク・フラゼッタのイラストです。ダイナミックであると同時に視線を緩やかに導くカーブを多用して、肉体を表現しています。また、「関係」を意識し、筋肉が盛り上がったモンスターの背中から、大きく差し出した腕へと視線を誘導しています。





I also took the liberty of reproducing Frazetta's composition to show how rhythm and force can be used as composition tools.

フラゼッタから構図をもらい、リズムとフォースが構図を組み立てるためのツールとしても有効なことを以下のイラストで示しています。



I learned the subtle but powerful lesson point from Michael Matessi at his FORCE workshop in Japan this past week.   Note the "S" curve of the girl which leads into the hero's body and punch.  Mike pointed out that even the sweeping of the girl's hair was used to lead the eye into the hero.  Awesome composition design!  

先日日本で行われた、マイケル・マテジ氏のワークショップで、非常に強力なツールが隠れていることを教えてもらいました。女性の背中のS字形のカーブが、主役のヒーローの体とパンチにつながっているというのです。マイケルはまた、この女性の髪も鑑賞者の目をヒーローへと導くために役立っていると指摘しました。素晴らしい構図デザインの例です!



I hope these notes inspire you. We are just scratching the surface on how force and rhythm can be used as tools to make your drawings more dynamic.  More to come here at the Ki Creative Studio Drawing workshop next moth Feb. 25th

この記事が皆さんの役に立ちますように。フォースとリズムがダイナミックなドローイングを可能にするツールであることをざっくりと説明しました。2月25日に開催される「Ki Creative Studio」ドローイングワークショップで、もう少し掘り下げる予定です。


In the meantime this is my Recommended Reading List for more perspective!

以下は、推薦図書です。時間のある時に読んで、視野を広げてください!

FORCE : Dynamic Life Drawing for Animators by Michael Mattesi

日本語版:リズムとフォース : 躍動感あるドローイングの描き方 マイケル・マテジ著

The Practice and Science of Drawing by Harold Speed (Chapter 10:  Rhythm)

Glenn Vilppu's Drawing Manual by Glenn Vilppu 

日本語版:グレン・ビルプのドローイングマニュアル グレン・ビルプ著

Saturday, December 15, 2018

Drawing --- Where to Start?? ドローイング:どこから描く??




"I know where the weight is coming from, and where the weight is just traveling, and where the weight is transferring to."  
- Milt Kahl

ウェイトはどこから生じて、どこを通って、どこに移動していくか、私にはわかっている。
ーミルト・カール


Where to start?  

何から描くべきでしょうか?



This is one of the most commonly asked questions when it comes to drawing.   "Do I start with the head?", "Do I draw the muscles first?", "Do I draw a stick figure first?"

ドローイングでは、最もよく聞かれる質問です。「頭から描くんでしょうか?」「はじめは筋肉を描いたらいいですか?」「棒人間から始めるべきでしょうか?」


The most important thing when starting a drawing is to see the gesture! 

ドローイングを描くときに、はじめにすべきなのは、ジェスチャーを見ることです!


My drawing instructor, Glenn Vilppu often would say, "If you don't have the gesture,  you don't have anything." 

私のドローイングの師、グレン・ビルプ先生は「ジェスチャーがなければ、何もないのと同じだ」とよく言っています。


Some people fear about what is the first line that should touch the paper.  I personally like to start with the torso.  In my opinion that is where the center of gravity is.  I have seen people start with the foot!  In their mind, that is a point to anchor to be clear where the weight is.   Glenn Vilppu will often start with the head because he feels, "the body follows the head".  

一本目のラインを引くのが怖くてためらわれるという人もいます。私は、個人的には、胴から描き始めるのが好きです。重心は胴にあると考えているからです。足から描き始める人を見たことがあります! 彼らの考えによると、それはウェイトがどこにあるかを明確に示すポイントだというわけです。グレン先生は、たいてい頭から描き始めます。グレンによると、「体は頭に従う」ものだからです。



All these approaches are correct.  It's simply a matter of what tool is best for you to visualize the gesture.  They all have a common consideration of a force being acted upon the body.  I say that force is gravity.    

どれも間違いではありません。問題は、ジェスチャーを描くためには「どのツールが自分にぴったりなのか」です。先に例を挙げたアーティストは誰もが、人体に働く「フォース」を意識しています。フォースは、重力と言い換えられます。



I have included some of my own examples of some quick sketches and where I start.  It may be too fast to catch but I drew starting with the head, torso and foot in different cases.   However, seeing the gesture in my head was the most important part before putting a line down.  

私が描いたクイックスケッチから、どこから描き始めているか、いくつか例をお見せします。速くてよく見えないかも知れませんが、頭、胴、足と、それぞれ違うところから描き始めています。しかし、1本目のラインを引く前に、ジェスチャーを見ていることが、最も大切なことです



I also included some rough gestural drawings from my inspirations: John Buscema, Catherine Jeffery Jones, Charles Dana Gibson and Heinrich Kley.  See the power and weight in the gesture ---- gravity pulling on the figure and you might see that was the focus of the artist.    

また、私の好きな巨匠たち、ジョン・ビュッセマ、キャサリン・ジェフリー・ジョーンズ、チャールズ・ダナ・ギブソン、ハインリッヒ・クレイのドローイングもご紹介します。ジェスチャーから、パワーとウェイトを見てください。体には重力が働き、アーティストたちはしっかりとそれに注目しています。




Also below is an excellent link with Glenn Vilppu demonstrating drawing the model from imagination. 

以下は、実在しないモデルを想像から描く、グレン・ビルプ先生の素晴らしいドローイング動画へのリンクです。どうぞご覧ください。






















Heinrich Kley

ハインリッヒ・クレイ



John Buscema

ジョン・ビュッセマ



Catherine Jeffery Jones

キャサリン・ジェフリー・ジョーンズ



Charles Dana Gibson


チャールズ・ダナ・ギブソン









Friday, October 26, 2018

Ki Creative Studio Vol. 18 ! Last Drawing Workshop for 2018!!




2018 is already coming to a close soon!  This has been a great year! The last Ki Creative Studio Drawing Workshop for 2018 is coming soon!  Come down and get your drawing on!  

KI


 Ki Creative Studio Drawing Session Vol. 18 WILL BE on December 17th! Come, have some fun, meet some cool people and pick up a skill or two while you are there! See you there! ​


描いて、楽しんで、知り合いを増やして。スキルアップのティップスもご紹介します。
お会いするのを楽しみにしています!

どなたにも気軽にご参加いただけるドローイングの会です。
鉛筆と紙をご用意のうえ、会社帰り、学校帰りにお立ち寄りください。
この会で行っているのは、ジェスチャードローイングと呼ばれる、
動きをとらえる短時間のスケッチです。
女性のモデル(着衣)は、ある瞬間で動作を止めます。
「ストーリーを語る画」を目指し、詳細は描かずに、短時間でアクションや
感情を描きとめます。
描いた作品の講評や講義は設けていません。
レベルを問わず、描くこと自体を楽しんでください。
人物が難しい場合には、下の例のような袋、あるいは単純なカーブだけで描きはじめられます。
休憩時間には短いレクチャーも行います。アドバイスが欲しい方はお気軽に声をかけてください。
Everyone is welcome! Let’s enjoy figure drawing and learn how to capture the gesture that tells a story. This class will warm you up with quick gesture drawings, then ease you into longer poses.



Sunday, October 14, 2018

What makes a drawing appealing?? - 何がドローイングを魅力的にする?

Above: Glen Keane
上:グレン・キーン

"The word is often misinterpreted to suggest cuddly bunnies and soft kittens.  To us, it meant anything that a person likes to see, a quality of charm, pleasing design, simplicity, communication and magnetism."

「魅力的」という言葉は、可愛らしいウサギや、ふわふわの子猫だけのものではありません。私たちにとっては、愛嬌、気持ちの良いデザイン、シンプルさ、コミュニケーション、引き付ける力といった、目を楽しませるものはすべて「魅力的」です。

-  Ollie Johnston and Frank Thomas, The Illusion of Life
オリー・ジョンストン、フランク・トーマス『The Illusion of Life』(生命を吹き込む魔法)より


Everyone at one time has experienced making a drawing and for some reason, nothing interesting is happening on the page.  The drawing is dead or boring despite  following all the drawing rules of anatomy or perspective.

「ドローイングを描いたけれど、何も面白味がない」という経験は、誰もがいつかはしていることでしょう。アナトミーやパースといったドローイングの規則にはしたがっているのに、生気がなく、ドローイングが味気ないのです。


Some seem to have a natural ability to make a drawing that immediately attracts people.  Why?  Yes, some people are just gifted in this way , however,  fortunately there are tools that can help us make more appealing designs in our drawings.

描けばすべてのドローイングがたちまち魅力的になる、そんな能力が自然に備わっている人がいるように思えます。なぜでしょう? そのような力が生まれつき備わっている人は確かにいるようです。しかし、ドローイングのデザインをもっと魅力的にできるツールがあります


1- OBSERVE!  Take time to observe your subject.  Don't just look,  but really observe who or what you are drawing. What is different, contrasting or unique about your subject?  Are they skinny?  Heroic?  What is attractive or unattractive about them? Suggest that in your drawing!

1. 観察する! 対象をじっくり見ましょう。ただ見るだけではありません。描いているのは誰で、描きたいのは何でしょうか。対象は、何が他とは違い、際立ち、独特なのでしょうか? やせ型ですか? ヒーローのようですか? 引き付けられるまたは引き付けられない理由は何でしょう? こうしたことをドローイングで示しましょう。







Above:  Pencil studies by Milt Kahl for Horace and Jasper from 101 Dalmatians.  Both characters have the same face but their body designs are quite different and possibly communicate something about their character.  Jasper (the smart one) is long legged and always hunting like a spider.  Horace (the dumb one) is short, fat and is quite clumsy. 

上:ミルト・カールによる「101匹わんちゃん」のホ-レスとジャスパーの鉛筆によるスタディ。両方のキャラクターが同じ顔で描かれていますが、体形は全く異なります。彼らの性格がある程度伝わりますね。ジャスパー(やせ型)は、脚が長く、まるでクモのように獲物を狙っています。ホーレス(おバカキャラクター)は背が低く、太って、ぎこちない動きです。

Horace and Jasper don't have Brad Pitt's or George Clooney's good looks BUT there there is something interesting and entertaining when we look at them.  This is appeal. 

ホーレスもジャスパーも、ブラッド・ピットやジョージ・クルーニーのようなルックスではありません。それでも見る者を引き付け、楽しい気持ちにさせます。これが「魅力」です。

When drawing the model stay present and in utter awe!  When he or she takes a stand, it is as if they are a god or goddess present to us.   - Mike Mattesi Drawing Force

モデルを前にドローイングするときには、しっかりと意識を集中し、畏敬の念を持ちましょう。神または女神が私たちの前に立っているようなものです。
-マイケル・マテジ 「Drawing Force, Dynamic Life Drawing for Animators」(リズムとフォース)より


2- MAKE JUDGMENTS  Don't be afraid to make a judgment about what you see in the model.  It's not rude.  It is your job as a designer to see what is interesting in the model and and exaggerate it!  There is a big difference between exaggeration and 'distortion'.  Exaggeration is making a truth bigger.  Distortion is lying.

2. 判断をする モデルから見て取ったことに対して、遠慮なく判断をしましょう。モデルの何が興味を引き付けるのかを見て取るのは、デザイナーであるあなたの仕事です。それを誇張しましょう。誇張と「ゆがめること」とは違います。誇張とは、真実を大きくするだけです。

What abstract ideas or images come to mind when you look at them?  Gentle? Expressive?  Deer-like?  Snake-like?  Spider-like? Write it down on your paper before you draw.

モデルを見て、どんなアイデアが浮かびましたか? 優しい? 表情豊か? 鹿のよう? 蛇のよう? クモのよう? 描く前に、モデルを表す抽象的な言葉を書いておきましょう。

Yes, it is difficult to capture so much 'character' when we only have a few minutes (or less!) when  drawing people in public....or in a Ki Creative Studio Drawing Workshop.  Regardless, this is part of our challenge to observe more and make quicker judgments!

大勢の人がいる中で、Ki Creative Studioワークショップで、数分(時にはもっと短い時間)で性質を読み取るのは、確かに簡単なことではありません。しかし、よく観察し、早く判断を下すのは、私たちに課されている課題の1つです。

For those of you who are still beginners at capturing the figure, here are a few drawing tips that might be helpful when putting masses and forces down on the paper.  Notice I used the words "masses" and "forces" - NOT simply lines.

人体を描き始めてまだ日が浅い人のために、マッスやフォースを描きとめるためのヒントをいくつか書いておきましょう。いいですか、ラインを引くのではなく、マッス(ボリューム)やフォース(エネルギー)をとらえるのです。



A.  Straights and parallel lines are a guaranteed way to kill any illusion of dimension or organic life.  Avoid this...unless you are making a graphic statement.  

A. 直線や平行線は、奥行きや生命を持つ有機物だという幻想を確実に損ないます。グラフィックステートメント(形状でメッセージを伝えること)をするのではない限り、使いません。

B.  Bending your straights creates an illusion of change but it's two-dimensional and is purely graphic.  No life...

B. 直線を曲げると、方向が変化しているという幻想は生まれます。しかし、これでは2次元的で形状しか示せません。生命がこもらないのです。

C.  Adding curves or round organic qualities does give a sense of volume however it is lacking context or application.  The eye simply just stops and is not compelled to move...

C. 曲線や丸みは、有機的な性質を表し、ボリュームも感じさせます。しかし、これでは状態や何を表しているかが伝わりません。見る人の目はとどまったまま、動きません。






D.  NOW, a  offsetting curved lines rhythmically suddenly makes the eye travel in a fluid manner.  Good composition and design will always have some form of contrast. Though all forms below D.  are asymmetrical, there is an appealing balance in all the forms. There is movement, flow and with the use of overlap, dimension.  

D. このドローイングは、曲線の位置をずらし、リズムを与えています。こうなると、目は流れるようにラインを追います。良い構図やデザインには常に、コントラストがあります。下の3つのフォームはすべて、非対称です。また、バランスが取れた面白味のあるフォームです。オーバーラップと奥行による、動き、流れがあります。



Applying some of these tools or concepts might help give your drawings a boost.  Good luck!!
これらのツールやコンセプトを適用すると、作品を向上させるのに役立ちます。 がんばって!!







Saturday, August 25, 2018

Drawing the Female Form Part 1 -女性を女性らしく描く Part 1




The female form has been the subject of both art masters and students from the earliest days of design.
女性を女性らしく描くことは、デザインの歴史の初期から巨匠も、学生も取り組んできたテーマです。

My art instructor, Glenn Vilppu always suggested starting off our life drawing class sessions with a female form rather than a male. 
私の師匠、グレン・ビルプはいつでも、モデルを観察して描く勉強は、男性ではなく女性からはじめることを勧めています。

The female form is the perfect design to show flow, curves and rhythm and complementary forces.  This is not to say that the male form doesn't have curves but but they are more obvious to see the female form.
女性の姿とは、流れ、カーブ、リズム、対になるフォース(力)を素晴らしくよく見せてくれる、完璧なデザインです。もちろん、男性にもカーブはありますが、女性の方がずっとよく見えます。

Force and rhythm are at the root of all well executed figure drawings.  These relationships are flowing and water-like in design.  Perhaps due to the human body being mostly made of water. 
よくできた人物画には必ず、フォースとリズムがあります。フォースとリズムは、デザインを水のように流れていきます。おそらく、人間の体の大半が水でできていることに関係するのでしょう。

My rough sketches are just caricatures of the female form but I believe the relationships of flowing curves are constant in any female gesture drawing.  

私のラフスケッチは、女性の体のカリカチュアにすぎません。しかしいずれにしても、女性のジェスチャードローイングはすべて、関係性をもったカーブの流れによって形作られているものだと考えます。











Note the patterns of the flowing forces as I have noted before in previous blogs.
フォースの流れのパターンについては、前のブログでも書いているので、そちらもお読みください。





Drawing the female form can be very rewarding....who doesn't enjoy looking at a beautiful woman?
女性の姿は、描きがいがあります。女性の姿は美しく、観察するだけでも楽い気持ちになります。

" Learn how to draw a beautiful woman and you will never be poor." as the old saying goes.  
「美しい女性が描けるようになれば、金には困らない」とはよく言ったものです。

Please keep these tips in mind:

1) Draw long flowing lines.
2) Look for "S" Curves in the form.
3) Keep your lines round and soft like women naturally are. 

女性を女性らしく描くためのTIPS:
1)流れるような長い線で描く
2)フォームの中に「S」字カーブを探す
3)女性の特徴である、丸み、柔らかみのあるラインを使う。

Here are some suggested artists I feel were the best at depicting the female form: 
以下は、女性の「らしさ」をうまくとらえたアーティスト作品の例です。



Auguste Rodin  
オーギュスト・ロダン 





Edgar Degas
エドガー・ドガ





Alphonse Mucha
アルフォンス・ミュシャ




Fred Moore
フレッド・ムーア

John Pomeroy
ジョン・ポメロイ



Heinrich Kley
ハインリッヒ・クレイ





Pete Hawley
ピート・ホーリー





J. Scott Campbell
J・スコット・キャンベル






Adam Hughes
アダム・ヒューズ






Frank Frazetta
フランク・フラゼッタ